自閉症 本

【本 わけあって引っ越しました】療育先と幼稚園を求めてのお引越し。貴重な体験談!【★★★★☆】

// リンク 息子さんの療育と良い幼稚園を求めて引っ越された著者のべっこうあめアマミさん。 息子さんは自閉症の疑いがあります。 療育を受けさせたいと思い市の発達支援センターに相談しますが、空きはないと突き放され、下のお子さんを同伴させての療育は…

偏食にはスモールステップと混ぜ込み作戦で

ネットでこてつ先生と呼ばれる藤川徳美先生。 藤川先生監修の「食事でよくなる!子供の発達障害」 // リンク 高タンパク質・低糖質・鉄補給の栄養療法が提唱されています。 鉄剤やサプリメントの服用もクリニックでは薦められていますが、ベースは日頃の食事…

【発達障害の子育てサークル スタートブック】私にも作れそう~!申請の仕方、行政の頼り方、体験談まで丁寧な解説【★★★★☆】

引っ越し先で落ち着いたらやりたいと思っていることの一つが、発達障害児育児の親御さん同士のサークルを作ることです。 // リンク 普段児童館などで市が主催してくれるリトミックのイベントや工作のイベント。 無料だし行きたいけれど、定型発達児に混ざっ…

療育の終わりはいつだろう

一昨日に受けた発達検査の結果を受け止め、私も息子の障害の受容に一歩近づいたかなと感じています。 www.abaryouikublog.com 1歳8ケ月に受けた発達検査は全体領域でDQ99と数値上では特に遅れがなかったんですよね。 もちろん受けた当時も息子は自閉症で定…

【発達障害に生まれて】療育方針は真逆だけど立石さんの愛情と受容の心を取り入れたい【★★★★☆】

息子が自閉症だとわかった一歳代の頃に読んだのですが、読んでも息子の明るい将来を描くことができず、当時は気持ちが沈んでしまいました。 今お子さんが小さいのに診断されたばかりで激しく落ち込んでいる方には薦めませんが、ある程度障害の受容をされてい…

【自閉症】0歳の息子に感じていた3つの違和感

今振り返れば出るわ出るわ… #自閉症 #発達障害

【リカと3つのルール 自閉症状の少女が言葉を話すまで】ガチのABA療育体験記で読めばエネルギーがみなぎる【★★★★☆】

// リンク お父さん全身全霊をかけて娘さんの自閉症に挑まれたのですね 一人娘のリカちゃん、2歳を過ぎても発語もなく、奇声を上げ続け目も合いません。 3歳前に自閉症と診断され著者の東条さんは不安と絶望に苛まれます。 数々の民間療法を巡礼し最終的にAB…

【飛び跳ねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること】東田さんの哲学に畏敬の念を感じる【★★★★☆】

// これは哲学書 リンク 東田さんの本を読むのは初めてです。 会話はできないけれど自分を分かってもらいたくて泣いていた、いつも助けてもらってばかりだから立派な人に憧れる、という東田さんの偽りない言葉には胸がつまりました。 正直読んでいる途中から…

【発達障害の子のための「すごい道具」】療育で使えるお助けグッズの参考書【★★★☆☆】

// リンク 特別支援教育に長年携わっている著者が学校で実際に子供さんに使用し、評価の高かったアイテムが紹介されています。 第1章で紹介されているのは身辺自立を援助してくれるお助けグッズ。 指を通す部分がないハサミや紐を結ぶ必要のない靴紐などは幼…

【療育なんていらない】療育は要ります【真向から反論】

著者は自閉症の息子さんがっちゃんを連れ、本格的な療育受けさせるべくロサンゼルスへ渡米。 療育を受けても、息子さんは著者の方の期待ほどは改善しませんでした。 そこで自閉症児に療育は必要ない、普通の人間とは違うとありのままを受け入れ楽しめばいい…

自閉症児息子 関西弁を話す!?

自閉症児は方言を話さない、と言う記事を見かけ興味深く読んでおりました。 president.jp 方言は近しい人に共通語は遠い人に、と他者との心理的距離の違いによって言葉を使い分けることが難しいため方言を話さない、というのが主な主張です。 後、他者の意図…

【障害のある子が「親なきあと」にお金で困らない本】残すべきはお金じゃない

// リンク 障害のある子が大人になった時の収入と支出、親からの資産の残し方、成年後見制度等の支援のサービスについても詳しく書かれています。 ぶっちゃけ一度読んだだけで全てを把握しきれておりません。 でも1冊手元に置いておけば、安心です。 最後に…

【ガチ療育ママが選ぶべスト3】正確な情報を手に入れて自閉症に立ち向かおう【自閉症・発達障害本】

昨日の漫画のランキングに引き続き、今日は自閉症・療育本のランキングを。 ではベスト3いってみよう~! 第1位 自閉症スペクトラム障害-療育と対応を考える // リンク 自閉症とは何か?予後はどうなるのか?困りごとにはどう対処すべきなのか?療育にはど…

【自閉症スペクトラム障害-療育と対応を考える】これ一冊で自閉症児への対応方針は固まる!

// リンク 平岩先生の自閉症療育に対するこの提言に激しく共感します。 障害に対して温かいで見守るという表現が使われるけども、見守るということは何もしないことと同じ。 療育には適した時期があるからそれを逃さないで。 障害をこの子の個性だ、と逃げて…

【本 発達障害の予防と改善】軽度の子供には有効かも

発達障害と言えばソフトに聞こえるけど、正式な名称は自閉症スペクトラムでそれが社会性との障害を端的に表しており重く感じるのは私だけでしょうか。 // リンク 著者の発達障害を改善できるという視点にはとても共感します。 発達に凸凹がある人を社会にも…

【おすすめ】やさしいABA療育についての本

ABAとは応用行動分析学のことで、人の行動は事前に起きたこと行動後に起きた結果によって左右されるという学問です。 行動前後の環境を変えることで、ターゲットの行動を増やしたり減らしたりすることができます。 何も特別なことでなく、私たちの周りでも無…

ABAとの出会いそして決意

病院で診断を受けた後、ひたすら自閉症が治るとか自閉症治った、診断されたけど違った、とかそういう類の情報を夜な夜なGoogleで検索していました。 いても立ってもいられなかった。 そこで出会った2冊。 ①「わが子よ、声を聞かせて―自閉症と闘った母と子―」…

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村